黒川温泉周辺 観光スポット

黒川の首なし地蔵

黒川に温泉が噴出するきっかけになったという伝説の首なし地蔵が祀られている地蔵堂です。

平野台 恋人たちの丘

恋人たちの丘

 

空気が澄んでいると、阿蘇五連山を見渡すことができます。

 

風の舎より、車で約5分。

途中の道は非常に狭いので、お気をつけください。

黒川温泉観光協会にて、レンタルサイクルもご利用いただけます。

すずめ地獄

すずめ地獄

上記の恋人たちの丘より、

奥黒川温泉方面へ進んだところにあるスポットです。

 

このあたりでは、温泉の成分とともに、やや有害なガスが噴出しており、時にガスにやられた小鳥やたぬきなどの小動物の亡骸が発見されることが名前の由来となっています。

噴出した温泉(温度は高くありません)は、そのまま田の原川の流れへ合流し、筑後川の源流の一部となります。

 

※有害なガスは小さな子どもに影響が有る可能性もあります。

清流の森

清流の森 紅葉

奥黒川温泉と呼ばれる、黒川温泉街よりも更に山へ踏み込んだ場所に有る、筑後川源流のせせらぎと深い緑の森林に囲まれたスポットです。

阿蘇大観峰

大観峰

阿蘇五連山とカルデラの北側を一望できるスポットです。

 

黒川温泉より、車で約30分。

瀬の本高原~牧の戸峠

瀬の本高原 牧の戸

かのやまなみハイウェイの中間地点にある、阿蘇カルデラの淵に広がる高原と、阿蘇五連山をバックに高原を一望できます。

 

黒川温泉より、車で約20分

マゼノ渓谷と押戸石

当店に多数鬼をモチーフにしたアイテムがございますが、阿蘇には古くから鬼にまつわる物語や伝説があります。

 

「押戸石」の鬼伝説

今はパワースポットとしてや、ペトログラフ(古代文字)が発見されたりして有名になった「押戸石」ですが、昔九重山の鬼たちが毎夜遊びに来て、大きな石でお手玉をしていたところ、陽が昇り始めたのであわてて石を放り出して帰っていったという逸話があります。

そのため、他の山には見られない大石がゴロゴロしているそうです。

 

押戸石のギャラリー

http://www.roten.or.jp/area/nakabaru/index.php

 

黒川温泉より、車で約30分。

国道212号線からマゼノミステリーロードに入り口がございますが、途中の道は未舗装の部分もあり、若干険しい山道となっていますので、十分ご注意ください。

また、マゼノミステリーロードは、凍結のため冬季は通行止めとなります。

 

南小国町観光協会
南小国町観光協会
黒川温泉観光旅館協同組合
黒川温泉観光旅館協同組合